内緒で借りられるのはココ

生活費が足りない、家計が苦しいなど主婦がお金を借りたいと思ったら…
働いているか働いていないかで内緒で借りられるところが違います。

専業主婦の場合

専業主婦が内緒で借りられるのは銀行カードローンだけです。
銀行カードローンでは専業主婦自身に収入がなくても、旦那に安定した収入があれば借りられます。
総量規制という法律があり、消費者金融や信販会社で専業主婦が借りるには配偶者貸付という制度を利用しなければなりません。
配偶者貸付で借りる際には配偶者の同意書と配偶者の収入証明書類や配偶者との婚姻を証明する書類が必要になり、夫に内緒で借りることができません。
必要な書類や手続き、確認作業の多さから配偶者貸付をおこなっている金融業者は少ないのが現状です。
銀行は総量規制の対象ではありませんので配偶者貸付制度の利用ではなく個人向け融資を行っています。

パートやアルバイトなどで収入がある主婦の場合

働いている主婦なら消費者金融でも銀行カードローンでもどちらでも借りることができます。
自分自身の収入で借入ができるので消費者金融でも内緒で借りることもできます。
ただし、総量規制により主婦に限らず、個人が借入できる限度が年収の1/3までと決まっています。
銀行カードローンでは総量規制対象外のため年収に対する借入枠の制限はありません。

旦那に内緒で借りる方法

  1. 申し込み
  2. 誰にも見られずにパソコンやスマートフォンでできるネット申込がおすすめです。

  3. 審査
  4. 在宅確認(本人確認)があります。
    カードローン会社からの確認の電話は銀行名や個人名を名乗り、カードローン名は告げません。
    申込時の連絡先を携帯電話を記入しておくと在宅確認を携帯電話にしてくれます。
    たとえ本人確認の電話を家族がとることがあってもカードローンの契約の件で…などと話すこともありません。

     

    在籍確認を夫の会社にはすることはありません。
    信用調査や在宅確認など、審査によってバレることはありません。

  5. 契約・カード受取
    • 自動契約機(店舗)
    • 申込後に審査結果が来たら自動契約機までいくことで契約とカード受取がすぐにできます。
      自動契約機にいくことで契約書の控えやカードが郵送されることはありません。
      すぐにカードを受け取りたい、郵送物がないほうがいいという人におすすめです。

    • 郵送
    • 店舗や自動契約機が近くにない場合などに郵送でカードや契約の控えを受け取る方法があります。
      郵送物にカードローン名の記載はないのでカード受取に時間はかかりますが郵送でも安心して受け取ることができます。

  6. 借入
  7. 発行されたカードを使ってATMで引き出すことができます。
    自分の口座に振込んでもらうこともできます。
    借り入れの際は自分の口座からお金を下ろしている姿と変わりないのでバレることがありません。
    例えば家族で買い物中であっても貯金を下ろしているかのように借りることができます。

内緒で借りられる理由

  • 同意書が不要
  • 専業主婦が借りる場合でも銀行カードローンなら同意書は不要です。
    仕事をしている主婦が借りる場合も、当然ですが自分自身の収入での借入に配偶者の同意は必要ありません。

  • webで申込できる
  • スマートフォンでもできるので誰にも見られずに申込ができます。
    ネット申込なら24時間受け付けているので、申込をこっそり済ませておくことができます。

  • 担保や保証人が不要
  • 保証人不要なので、旦那にバレないようにと友人や家族に頼らずに済みます。
    担保も不要なので家の名義や登記は誰であっても関係ありません。

内緒のカードローンの不安を解消

夫や夫の会社に電話連絡がある?

カードローン会社が審査や在籍確認で夫や夫の会社に電話連絡することはありません。
申込者が働いている場合は本人の職場に在籍確認があります。
働いていない場合は本人確認のみになり、夫の確認はありません。

夫の信用情報へ影響する?

妻が借入をしても夫の信用情報には記載されません。
信用情報は個人の情報のみ記載されるのでたとえ配偶者や家族であったとしても配偶者の情報は記載されることはありません。
もし夫など家族が自分自身の信用情報を照会したとしても妻の借入は記載されていないのでバレることはありません。

住宅ローンに影響する?

住宅ローンの名義が誰かによって影響するか変わってきます。

  • 家が100%夫の名義である場合
  • 審査は夫に対してのみになるので住宅ローンの申込に妻の借入が影響することはほぼないと言えます。
    夫だけの名義であれば、審査は夫の信用情報のみにおいて実施されます。
    夫婦だからといって配偶者の信用情報調査はされません。

  • 夫と妻二人の名義で住宅ローンを組む場合
  • 夫と妻二人とも審査するので影響する可能性もあります。
    借入金額が少額で毎月の返済が滞ってなければ問題ありません。
    逆に妻の借入が頻繁であったり、高額の残高がある、返済が滞りがちである場合などは影響します。
    ただし、妻の借入とその状況が理由で住宅ローンが通らなかったとしても住宅ローンの銀行側は審査に落ちた理由を申込者に伝えません。
    例え住宅ローンが否決になったとしてもカードローンの利用は隠すことができます。

  • 金融事故がある場合
  • 延滞や債務整理、自己破産をしている場合は名義が夫のみであったとしても影響する可能性があります。
    個人の信用情報には配偶者の事故情報は記載されませんが、審査段階では配偶者に金融事故があればわかるようになっています。
    これも、もし住宅ローンが通らなくても理由は明らかにされませんので過去の妻の事故情報を夫に知られることはありません。